[レビュー]nimasoの充電ケーブルは悪いところがないのが長所。3度リピ買いしています。|推しガジェ

家族分のスマホ、デジカメ、電子書籍。毎日家の中で何かを充電しています。そんな僕の地味なこだわりが充電ケーブル。少しずつ買い揃えていますが、そのほとんどが車の下敷きになったiPhoneを守ってくれたガラスカバーを作っているnimasoのケーブルです。

contents

amazonや楽天で気軽に買えるnimaso製品

スマホやタブレットの保護フィルムが特に有名なnimaso。楽天、amazon、yahoo shoppingで直営店があってネットで気軽に帰るのが特徴です。

僕はいつも楽天のお買い物マラソンで買い足しています。1,000円程度なので買いまわりの対象になるほか、送料無料なので無駄がありません。

布巻きで急速充電(PD)対応のnimaso製充電ケーブル

ケーブル選びで大事なポイントは耐久性と信頼性。中でも耐久性はビニール巻きより布巻きである方が高いと感じています。nimasoのケーブルは布巻きで長さも選べるのが良いところ。

箱は至って普通。今時のシンプルな作りです。

今回買ったのは2mの長さ。充電しながら使うノートパソコン用に買いました。反対に充電しながら使う機会がないカメラや電子書籍には1mの長さのケーブルを使っています。

apple製品が多いので、PD(急速充電)対応のケーブルを選択。

最近のUSB-Cタイプのケーブルで充電する端末の多くは、パワーデリバリー(PD)と呼ばれる急速充電規格に対応しています。そんなPD対応端末を充電する時にはケーブルや充電器もPD対応のものを選ばないとその効果が発揮されません。

僕が充電する機会が多いのはmacbook air、iPad pro、iPad mini6、デジタル一眼、iPhone se、そしてkindle paper white。このうち、kindleとiPhpone以外は全てusb-cでPD対応端末ばかりです。だから僕の家には両方の端子がusb-cのものが増えています。

質感は上々。4本買ったが作りの甘さはなし

これまでに1mを2本と2mを1本買いました。端子の片側がL字になっているので、邪魔になることも少なく、落ち着いたカラーリングは使う人の好みに影響しません。

ケーブルをまとめるバンドも備え付けなので束ねるのも簡単。持ち運ぶ時にケーブルが絡まる心配がなく、ガジェットポーチからスッと取り出せます。

使っていて不具合はなく、使い勝手も良好

レビューで少し見受けられる異音や高熱といった不具合。僕は3本使っていますが、そのどれを使っていてもそのような不具合は見当たらず、良好な使い心地を保っています。

僕は職場のデスク・自宅・バッグに入れたガジェットポーチの中に1本ずつ入れています。自宅だけは充電コンセントが床面に近いところにあるので2mのものを使っていますが、それ以外は卓上のコンセントやモバイルバッテリーから給電しています。

今回のまとめ「基本は押さえていることが大事」

充電ケーブルには上を求めません。買って使い続ける記事運は使いやすさより使いにくくないか。nimasoのケーブルを使いにくいと感じることはありませんでした。これから次々とUSB-Cのモデルが増えるであろうガジェット。その流れの中で、1,000円強・PD対応・布巻きというコストパフォーマンスも相まって買い足すことになると思います。

今後PD対応製品が増えることが予想されます。安いものよりも、PD(急速充電)対応の製品を買うことをおすすめします。

nimasoのケーブル一覧
USB3.1搭載のの高機能なケーブル
充電だけに使うならこのケーブル

最後まで読んでくださってありがとうございました。僕のツイッターアカウント(@m_mukogawa)で、このブログの更新をお知らせしています。また、the Letter(武庫川マルタン)でも私的なブログ掲載中。ぜひフォローよろしくお願いいたします。

コメント

コメントする

contents
閉じる