iPad miniを使い始めたら、iPhoneを見る時間が前週比42%減りました。|推しガジェ

Apple 引用:apple

IPad mini6を購入しました。ずっと欲しかったんです。セルラーモデルのiPad proを持っているにも関わらずiPad miniを買った理由で書いたように、予想以上に人気機種になっていて10月9日にようやく自宅に届きました。今回は、実際に1週間使ってみての様子を紹介します。

この記事を書いた人
会社員兼web zine編集者の30代既婚者、武庫川マルタン(@m_mukogawa)です。

contents

iPhoneの使用頻度が下がる。

最大の変化がこれです。iPhoneは毎日就寝前に充電しています。スクリーンタイムを見てみると、これまでの使用時間は2.5〜3時間が平均。

バッテリーは朝起きてケーブルを外してから、22時頃に就寝するまでに、100%のバッテリー残量は10%前後にまで下がっていました。

音楽を聴くとさらに減りが早く、1日持たないこともありました。この1週間で、バッテリーが切れたことはありません

就寝前のバッテリー残量は30%以上残ることが増えました。スクリーンタイムを見てみてもその差は歴然。前週比42%ダウンです。圧倒的な変化が生まれています。

iPad miniは電車で大活躍

iPhoneの使用時間減少にも影響しているのが通勤時間のお供。この時間のお供がiPad miniになりました。

11インチ級iPadだと大きすぎて隣の人の迷惑になりそうで遠慮していましたが、miniなら全く気になりません。

セルラーモデルを買ったので、iPhoneのテザリングも不要、カバンからさっと取り出してガシガシ使っています。

家でも常に持ち歩くiPad mini

家の中でもiPad miniは活躍しています。移動時はほぼ常にiPad miniを持っています。今はケースを買っていないくて裸運用していて軽いのも魅力。

iPad proなら重い・大きいという理由で持ち歩くことはあまりしなかったのですが、iPad miniの軽さと小ささはそんな心的ハードルがほぼありません。

普段はあまりしませんが、仰向けでダラダラと動画を見てみました。この軽さなら余裕で、疲れることもありません。

ちょっとしたお出かけのおともに

ちょっとお散歩、ちょっと買い物程度ならサコッシュで行きます。このiPad miniは無印の撥水サコッシュにスッポリと入ります。これが便利すぎて。

例えば途中でお茶したくなった時に、iPhoneよりも大きいiPad miniでちょっとブラウジングとかが可能になりました。結構嬉しいです。

まとめ

まだまだ可能性を秘めた新タイプのガジェットでした。これで家の中には家族全員で2台のiPhone、3台のiPad、1台のmacbook airがあります。

明らかにiPadの量がおかしいので、iPadの使い分けについても紹介するつもりです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。僕のツイッターアカウント(@m_mukogawa)で、このブログの更新をお知らせしています。また、the Letter(武庫川マルタン)でも記事掲載中。ぜひフォローよろしくお願いいたします。

コメント

コメントする

contents
閉じる