makuakeで応援購入!ミニマムなモバイルバッテリー[smart coby pro]レビュー|推しガジェ

今や仕事にプライベートに大活躍のモバイルバッテリー。
複数持っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、世界最小級のモバイルバッテリーsmart cobyをmakuakeで応援購入しました。
小さいのに30wの急速充電、10,000mAhの大容量という本格派。

早速レビューしていきます。

contents

CIO?

こちらのプロダクトを作っている株式会社CIOは大阪府内に本社を置く日本のメーカー。
2017年の創立以降、多くのガジェットを生み出しています。
中でも有名なのは、今回紹介するようなモバイルバッテリーや急速充電器ではないでしょうか。

smart coby proのスペック

特筆するスペックだけ一覧にしてみました。

項目smart coby pro
バッテリー容量10,000mAh
重量175.55g
入力ポート数1(USB-typeC)
出力ポート数2(USB-typeA×1,USB-typeC×1)
出力最大30w
主な仕様

簡単に言うと、スマホ1台を充電する程度ならオーバースペックすぎるほどの性能が超絶コンパクトに収まった製品です。

smart cobyのストロングポイント3点

クレカより小さい!圧倒的コンパクトサイズ

どれほど小さいかというと、公式の言い方だと卵1つ分程度
縦×横のサイズは、なんとクレジットカードよりも小さいです。

モバイルバッテリーの性能は、ここ2年ほどで大幅にアップしました。
理由は新たな充電材料、窒化ガリウムの登場です。
これにより、急速充電・大容量のモデルは数多く誕生しました。

ですが、それらのプロダクトの欠点は取り回し。
大きくて重たい。据え置きなら使えるものの、持ち運びとなると正直なところジャマに感じることも。

このsmart cobyのサイズ感は77mm×56mm×26mmと非常にコンパクト。
重さも缶コーヒーよりも軽い180g程度でした。

これなら、ガジェットポーチに入れて持ち運んでも重いと感じることは少なそうです。

iPhone3回以上!10,000mAhの大容量

モバイルバッテリーの容量はmAh(ミリ・アンペア・アワー)という単位。
1時間にどれほどの電流を流せるのかという単位です。

iPhone 12の容量は約3,000mAh程。
つまり、このモバイルバッテリー1つでスマホを3回も充電できる計算になります。

僕は普段からiPhoneよりもiPad pro 11(2020)を使っています。
iPad proの容量は8,000mAh程なので、iPhone+iPad proをほぼ満充電できるほどのスペックを搭載しています。
1日どころか、1泊2日の旅行なら、このモバイルバッテリー1つでいけてしまいます。

あっという間!出力30wの急速充電。

充電残量が減ってきて、モバイルバッテリーを繋げる機会は多いですよね。
その時の充電速度に影響するのが、理科の時間で習った電力の単位w(ワット)です。

単純にこワット数が高ければ高いほど充電速度が早くなります。

ちなみに、iPhone 12に付属の純正充電器は出力12w。
iPhone12の最大充電速度は20wなので、純正品でも最大速度は出ないようになっています。
iPadはバッテリー容量が大きいので30wまでの出力に対応しています。

smart coby proの出力は最大で30w。
そうなんです。iPad proですら最速で充電できてしまうんです。

これらの大容量・高出力をコンパクトな個体に収めているのはCIOさんだけではないでしょうか。

僕の使い方

主に持ち運び用として使うつもりで、これまでに使っていたものと入れ替えることになります。

僕は、自宅では複数の充電器を使っています。

  • iPad→ankerの高出力充電器[power port slim3]を使って急速充電。
  • iPhone→ノーブランドの充電器を使って普通速度の充電
  • その他のガジェット→ノーブランドの充電器を使って普通速度の充電

また、職場では以前ポストしたankerさんのpower core fusion 10,000というプロダクトを据え置きにして使っています。

そして持ち運び用のモバイルバッテリーとして、同じくankerさんのpower core fusion 5000を使っています。

今回購入したsmart coby proは、持ち運び用のanker製品と入れ替えるために買いました。

サイズも重量も小さくなりました。
コンセントがなくなるので非常時の非常時は困るかもしれません。
ただ、そんな非常時に遭遇する機会もほとんどないので、気にしないことにします。

予め、パソコンを持ち出したり高負荷の作業する予定がある場合は、自宅からankerの高出力充電器を持っていくつもりです。

makuakeの応援で購入

単品での価格は4,378円。
内容はこちらです。

  • 充電器本体
  • USB-typeC→USB-typeCケーブル
  • 取扱説明書

僕は、国内最大級のクラウドファンディングサイトmakuakeで応援購入をしました。
早割でUSB-typeC→lightningケーブルセットを28%オフの4,480円で購入。

2021.2.3に購入し、本来なら3月末に到着の予定が、金型の不備等で遅れに遅れて今日(2021.4.20)到着しました。

このあたりはクラウドファンディングなので若干のリスクは覚悟しないといけません。
実際、到着予定日は何度も遅れ、その度に理由説明をされ、その後は連絡すらなくなるという状態でヒヤヒヤしました。

スタートアップ企業ならではなのかはわかりませんが、正直不誠実感は否めないなと。
まして応援購入ですからね。
ファンになる可能性が高いユーザーを適当に扱うのはクラウドファンディングとしてはよろしくない気はします。

まあ、結果的には無事到着しましたし、プロダクト自体は良いものなので良しってことですね。

まとめ

今日到着したばかりなので、しばらく使ってみて改めてレビューをポストするつもりです。

モバイルバッテリーは持っており、それのアップデートということなので大きな暮らしの変化はないと思います。
地味ながら変わる少しの変化を感じられるかどうか、それが楽しみです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

コメントする

contents
閉じる